宍戸医院は1971年(昭和46年)、先代・宍戸輝男(故人)によって内科・小児科として開設され、地域医療に貢献してきました。 しかし、院長が1996年(平成8年)病に倒れ、やむなく閉院。 その後、院長宍戸邦彦が内科・総合診療を、宍戸悦子が皮膚科を担当しております。 皮膚科では保険診療として、湿疹、アトピー性皮膚炎、いぼ、ニキビ等の治療をしています。 また、顔のかぶれやニキビなどでお困りの方に、化粧品や生活指導等も行っています。 さらに、私個人としても気になるくすみ、しみ、たるみを含め、美容的な治療、処置を取り入れております。 これらの治療、処置は自費診療になりますが、私が是非受けたい、お勧めする治療をしています。 今回、美容を含めた自費診療を中心に、治療、処置、化粧品等のご紹介をさせていただきたいと思います。

基本情報

住所 神奈川県 海老名市 国分寺台5-13-11
最寄り駅 ・海老名駅より徒歩20分以上
・厚木駅より徒歩20分以上
その他交通手段 -
営業時間 8:30~11:30
14:30~18:00
休業日 ・木曜日
・土曜午後
・日曜日
・祝日
クレジットカード -
サービス内容 年齢を問わず肌のトラブルはつきものです。
アトピー性皮膚炎の子供をもつ母であり、しわやしみが気になる女性として皮膚病の治療にとどまらず、より美しい素肌を保つためのお手伝いができれば 幸いです。その方の肌質、環境、職業、ライフスタイルを考えた治療、肌のメンテナンスを提供します。
皮膚は体と心の反射鏡です。内科(院長)ともども地域のかかりつけ医として、ライフサポートいたします。
責任者 院長 宍戸 邦彦 内科専門医 慶應義塾大学医学部卒業
東京都済生会中央病院 内科にて研修