あの時の気持ちを忘れずに…    大学病院に勤務していた頃に一人の交通事故の女性患者Kさんに出会っていなかったら、私の進むべき道も少しは変わっていたかも知れません。スナックに勤務していた25歳位の女性でした。ある日、助手席に座ってドライブを楽しんでいた時、対向車と正面衝突し、額と左の瞼にケガをしてしまいました。救急車で運ばれた病院で縫合処置を受け、『明日、糸を抜いて退院ですよ。傷を見ますか?』主治医の言葉に恐る恐る鏡を見た彼女は、一瞬身体が凍りつくのを感じたそうです。真っ赤な傷痕と腫れた瞼がそこに有りました。 退院の前の晩だというのに後から後から涙が出て来ます。 数ヵ月後、紹介状を持ったKさんは大学病院の形成外科を訪れました。まだ一般にはなじみの薄い科でしたので半信半疑な、どこか投げやりな感じでした。女性にとって、顔は命です。自暴自棄になるのも無理からぬことです。運良く、瞼の傷は、二重のラインにほぼ一致するような位置にあったため、二重手術の切開法に準じて行われ、私たちも満足するような手術結果でした。そして、明日退院という前の晩、患者さんからお話があるということでルンルン気分で病室を訪れた私は、耳を疑ってしまいました。『元々、私は一重だったので、一重に戻すことはできないんですか?左右の目が違い過ぎるんです。』ケガをした方の目しか見ていなかった自分に気づき、動揺したことを悟られないように言いました。『しばらく様子を見て、腫れが引いて落ち着いた時点で反対側の目の二重手術をしましょう。』こう言うのがやっとでした。 腫れも引けた2カ月後、左側に合わせて右の二重手術をやりましたが、けがをした目をやるより数倍神経を使いました。まっさらな瞼に傷を付ける訳ですから…。 手術も無事終わった半年後、Kさんからひょっこり手紙が届きました。ケガをしたときは、自殺も考えたとのこと。両方二重にしたおかげで、以前より見違えたように性格まで明るくなったこと。お店のお客さんと結婚することになったこと。そして、そのご主人が独立のための資金を出してくれて新しいお店の開業のために忙しくしていること等が便せん3枚にぎっしりしたためられていました。読んでいてこちらも涙があふれてきて最後の方は字がかすんでいました。よし、人が喜ぶような、誰でも、いつでもできるような美容外科医になるぞ、そう決心しました。

基本情報

住所 青森県 弘前市 駅前3-3-7 AKIMOTOビル3F
最寄り駅 ・弘前駅より徒歩9分
その他交通手段
営業時間 9:00~11:00
15:00~17:00
休業日 ・日曜日
・祝日
・午後は13:00~14:00
クレジットカード
サービス内容 -
責任者